読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

http://www.kuroihikari.com/

 

豚もやし

f:id:kuroihikari:20170217124221j:plain

煙草代がかかるので、毎日もやし料理で節約してます。毎日これなんです……なので更新してませんでした。毎日同じ写真でよければ毎日更新できます。

もやし、ニラ、豚肉を大きなフライパンで強火で素早く炒めて、コショウと、オイスターソースをかけて出来上がり。もやしは美容にもいいですし、便秘解消にもなります。毎日うんこ出てます。うんこの出ない日はないです。更にもやしとニラの相性も良いです。

f:id:kuroihikari:20170109114110j:plain

味噌と、粉末だしの素(いりこでもなんでもいい)、みりん、砂糖をテキトーに入れて、野菜と、団子はスーパーで売ってるやつを入れました。スーパーで鍋用スープのパック入りが大量に売ってるけど、それも微妙に高いんで、家に味噌は余るほどあるのだし、自分で味噌味にして食ったほうがチョット節約になる。腹の立たない程度の美味さですが、繰り返すのなら、もう一工夫ほしい(飽きる)。土鍋活用法を考え中……

f:id:kuroihikari:20170109114109j:plain

f:id:kuroihikari:20170109114108j:plain

メシの見た目なんて別にどうでもいい。食えりゃそれでいい……

エビフライ

f:id:kuroihikari:20170107120136j:plain

去年のいつか忘れたけど、揚げるだけの冷凍エビフライが冷凍庫の中にあったので、去年のいつか忘れたけど汚れたまま残ってた油の中に投入(昨日のトンカツは手作りだけど、油は今日と同じで、いつからの油かわからないけど味は問題なかった)。油は汚れていても、少々古くても、加熱すれば多分大丈夫……写真はピンボケした。やる気のない写真。だってここはサブブログだから。で、昨日の仕事の悩みは、今日行ったら俺の中ではとりあえず、上手く昇華することができた。信用なくしたから挨拶返してもらえないかなとおもったけど、挨拶してもらえたので、まだなんとか大丈夫そうだ。

トンカツたくさん

f:id:kuroihikari:20170106112514j:plain

今日は職場で、先輩が多分間違ったことを、何故か俺が間違ったってことになっていて、でも先輩にすごくよくしてもらってるので、違いますって言えなくて、俺がやりましたってことにして、なんかモヤモヤしたままで帰ってきた。こんなやるせなさを、スーパーで2人分くらいのトンカツのそこそこイイ肉を買って、油に放り込んで、いっぱいモリモリ食べることで、なんとか処理しようとした。いや、働いてればそんなことはたくさんあるサ……先輩と上手くやってくことが大事なので、俺は少々の間違いは我慢する。追記だけど、なんで言えなかったかというと、二人きりじゃなくて、その場にもう一人いたから。

シチュー

f:id:kuroihikari:20161222144328j:plain

火曜日くらいから突然喉が痛くなって、それからずっと痛いのですが、咳はほとんど出てません。熱も大したことはないと思います。もしかして風邪じゃなくて、中国からきたスモッグとかの影響なんでしょうかね(??) なんかヘンな痛みなんです。

今日は用事が多くて、色々ツイていなくて、なんか気付いたら時間が過ぎていた感じですが、そういえば冷蔵庫ににんじんがあったなと思い、シチューを食べようかなという気分でした。

いつもは固形ルーを使うのですが、今回は粉状のを使いましたのでサラッとしてます。茹でたブロッコリーを入れるタイミングは本来なら、食べる前くらいに入れたほうが鮮やかな緑のままで良いのですが、早めに入れたのでこんな感じになりました。

とにかく疲労困憊で、年末ですので皆さんお忙しいと思いますが、自分もそんな世の中の疲れを空気で読み取って一緒に疲れているのでしょうか。

おかゆ

f:id:kuroihikari:20161221145116j:plain

昨日くらいから急に喉が痛くなり、体調が微妙によくないので、テキトーにおかゆを作りました。キャベツ・にんじん・たまねぎを刻んだのを軽く炒めて(何故炒めるのか、本人もそこんとこテキトーで)、そのあとで水・醤油・ダシ・こしょう、さらにみりんを微量加えて(何が正しいのかよくわからない)、最後に卵を割り入れて、ぐつぐつ煮ただけです。本当にテキトーなんですが、まあ悪くなかったです。

f:id:kuroihikari:20161221145117j:plain

体調のよくない自分のために、ぐつぐつ煮ました。本当は病院に行きたいのですが、近くに良い病院がありません。遠くへ行く過程で余計悪化しそうで、時間もなくなるしで、結局自力でなんとかしようとする。